inekitiemonのブログ

農業に関する書籍、ビデオ、資材、機材をご紹介します。

大切なことに気づく365日名言の旅 名言集の魅力

f:id:inekitiemon:20190209001011j:plain

名言集は大好きです。

これはライツ社という出版社から出版されたものです。

 

とりあえず世界の空編をパラパラと拾い読み・・。

 

人間は、

現状を否定することからのみ、

成長できます。

           似鳥昭雄

 

 新しい稲作や、勤務先で機械操作にチャレンジしている時は日々前進してる感がありました。

最近は守りに入ってしまい、新しいことにはちょっとしんどくなっている。

成長が鈍化しちゃってるかな・・。

つまり老化が進んじゃってるって事になるかも。

 

現状に甘んずることなく前進しなくちゃ!

 

人が起こした問題に

解決出来ないものなどありません。

         

                カルロス・ゴーン

 

今の現状をどう解決するつもりなんだろう・・・。

 

人の悪口は

絶対に口にするな。

人にしてあげたことは

すぐ忘れろ。

人にしてもらったことは

生涯忘れるな。

 

                石原裕次郎

これいいですね。

自分の座右銘にしようかな。

 

私は決して

強い人間ではありません。

ただ、運があった。

その運は

・・・・・・・

 

                白鵬

 

白鵬がこのような名言を吐いていたとは、失礼な言い方かもしれませんが以外!

その運は・・・

なんと続くのか、考えてみませんか?

 

 

その運は、

努力している人間にしか来ない。

 

 

 

 


 

田んぼの漏水対策に土壌改良材「EB-a」を試してみることにしました!

毎年漏水で悩む小さな田んぼがあります。

元々は1枚の水田だったのですが、減反政策に従って3分の1を畑にしました。

畑との境に作った畦から漏れてしまうのです。

水持ちが悪いと除草剤が効かず、稲の生育も阻害されます。

 

昨年は畦の作り直しやベントナイトを使ってみましたが効果はほとんど感じられませんでした。

f:id:inekitiemon:20180204073850j:plain

 

そこで今年は土壌改良材を試してみようと思います。

「EB-a」という商品です。

f:id:inekitiemon:20180204074723j:plain

ネットの実験動画を見て試してみようと思いました。

 

 

 

水に薄めて灌水するだけでするだけでOkというものです。

 

結果はまた報告します!

 

5月30日

結果報告

 

残念ながら水漏れを防ぐことは出来ませんでした。

f:id:inekitiemon:20180530222108j:plain

これは「EB-a」が悪いと言うことではなく、畑の面が田んぼの地面より低いという事が原因でした。

 

自然の力に「EB-a」で抵抗しようという事がそもそも無理でありました。(^^;

実験などと期待を持たせるような記事を書いて申し訳ありません。

 

「EB-a」は畦に近いところへ1メートル幅くらいに散布したのですが、土はトロトロとした良い土になった気がします。

 

f:id:inekitiemon:20180601233625j:plain

 

米宅配用の段ボールはオーダーメイドがお得!

私の住んでいる界隈で米の宅配用の箱(10kg用)を買って、10kg用のクラフト袋も買います。

 

ゆうパックがクラフト袋のままで引き受けてくれたので、箱に入れずそのまま発送していたのですが、中身が出てしまったというトラブルが年に2回ほど起きたので箱に入れて発送する事にしました。

 

そこでうまくいかない事があります。

クラフト袋に米を入れて箱に入れようとしますがうまく入らないのです。

この箱はスーパーなどで売っているポリ袋の米を送る箱なのだと思います。

仕方がないので20kg用の箱を買っていました。

 

店の担当者に10kgの袋がピッタリ入る箱を売って欲しいと要望したが何年たっても実現しない。

20kg用の箱だと中途半端なスペースが空いていしまう。

何かプラスアルファのプレゼントを入れるには良いが、そうでないときは中身がガタガタとはねてしまう・・・。

 

ふと、ネットで言い箱はないものかと検索してたらありました!

オーダーメイドでローコストの段ボール屋さん。

 

www.notosiki.co.jp

 

ネットで見積が出来ます。

私は10kg用のオーダーで内寸390x230x150で注文したらピッタリです。

価格は数量100枚で税込み、送料込みで5,184円でした。

 クラフト袋で送っていたときは発送後、請求書と払込票を郵送していたのでコストはほぼ変わりません。

 

それにしても同じ店で売ってる箱に合わない袋を平気で売っているなんて。

農業の世界はそれでも商売成立するんですから不思議です。

 

 

水田の水口水漏れ対策に田門

 水田の水口から水が漏れてくると、いろいろ問題が発生します。

 

春先は元肥を散布する作業があります。

そこに漏れ出た水があると何をするにもぬかるんでやりにくいですね。

 

秋は秋でコンバインが入る前に干して地を固めておく必要があります。

そのときも漏水があると稲刈り作業は大変です。

無理矢理進めると田の表面は凸凹になってしまいます。

 

f:id:inekitiemon:20171211231553j:plain

 

以前は私もこのような堰板で止水などの水管理をしていましたが水漏れに悩まされました。

 

だいぶ錆びてはおりますが、十数年ほど前に田門という水門を購入して取り付けたところ、漏れはほぼなくなりました。

 

f:id:inekitiemon:20171211231833j:plain

 

取り付けは簡単です。

私の場合、買ってきた田門を堰板と入れ替えてみるとスッポリ収まりました。

 

もう一度取り付け周辺をきれいに掃除して、セットします。

あとはコーキング材を練り込んで隙間を埋めただけで完成です。

 

シーリング材の施工に コーキングガン

価格:216円
(2017/12/11 23:30時点)
感想(1件)

 

シリコンシーラント8000 330ML ブラック コーキング 目地材|コーキング剤 シリコン シーライト 充填材 補修用品 日曜大工 diy リフォーム 日用品 サッシ回り ガラス 目地 配管回り シーリング材 シーリング剤 シール剤 シーラー 接着 建材商人 コーキング材

価格:238円
(2017/12/11 23:28時点)
感想(1件)

 

スチール製 水田 止水 機 田門 一般水路用 標準水路用 手動タイプ MSH-01 田んぼ 三田精機 【代引不可】

価格:23,658円
(2017/12/11 23:06時点)
感想(0件)

倒伏しにくいイネ作り、への字稲作

 2017年の稲作は思いもかけず多くのイネが倒伏しました。

私のイネはへの字稲作で中間施肥をしたあとは周囲よりも圧倒的に葉色が黒くなったので倒伏候補筆頭と目されていたはずですが、軽傷で済みました。

 

 慣行稲作(V字型)では薄緑のイネでも倒伏しているのを見かけました。

私は葉色を参考に追肥の量を変えたりする事が多いので慣行栽培を見ていると難しいなと感じます。

倒伏でお悩みの方にはぜひへの字稲作を試していただきたいと思います。

 

 私のイネ作りの教科書は、農文協から出ている、

「ここまで知らなきゃ損する痛快コシヒカリつくり」

という本です。

 

f:id:inekitiemon:20171117003429j:plain

 

への字稲作の概要は、

1.イネの生育初期には肥料を控えゆっくり成長させる。

2.出穂45日前に元肥的な中間施肥を行う。

3.穂肥窒素を入れないで硫酸カルシウムやリン酸で生育を引き締める。

というものです。

 

初期に肥料を控えたりなんかしたら早期茎数確保が出来ず、茎数不足に陥るのではないかと慣行栽培をされてきた方は心配されると思います。

実は早期茎数確保によって出た分けつこそがクズ分けつなのです。

 

ゆっくり生育したイネはじっくり茎が太くなっていきます。

中間施肥後のイネは急速に分けつを始め、しかも茎太なので茎同士が押し合い株が開きます。(開帳)

この太い茎のおかげで少々の事では倒れない強い体が出来上がります。

 

この著書の中で井原豊さんは慣行栽培の矛盾を厳しくユーモラスに指摘しています。

 

この本を実践してみる事によってイネ作りに限らずすべての仕事について探究心を持つ事、物事を鵜呑みにせず自分の目で確かめる大切さを教わりました。

 

ここまで知らなきゃ損する痛快コシヒカリつくり

新品価格
¥1,574から
(2017/11/17 01:07時点)

 

 

草取りをしない無農薬有機稲作DVD

 イネ作りを無農薬で育てようとしたときに一番の壁になるのが、雑草を処理するかというのが課題となりますね。

 この悩みに答える方法を示したDVDが栃木県のNPO法人民間稲作研究所から出ています。

 

 

f:id:inekitiemon:20171029100221j:plain

 

除草剤を使わずに雑草を退治する方法を大別すると生えてきた草にダメージを与えたり抜き取ったりする除草と、最初から発芽や生長を阻害する抑草の2通りのやり方があると理解しています。

 

 ここで紹介されている方法は後者のやり方です。

前者の方法で最近流行ったのはチェーン除草だと思います。

 

私も10年近く前に挑戦したことがあります。

 単管を買ってきてチェーンを垂らしそれを田植え後何回か引っ張って歩くわけですが、材料の重さを吟味しておかなかったため大変な重労働になりました。

 

近くの知人が田植機の中古品にチェーンを取り付けて除草を実践しておられるかたもいます。

 

 

DVDの内容は次のような構成になっています。

 

 プロローグ V字型稲作から有機稲作へ

 施肥・耕転 一回目代かき(荒代)

 水田雑草の抑草対策

 二回目代かき(植代)

 播種

 育苗

 田植

 深水管理(常時湛水)

 いのち育む水田

 生育診断 栽培管理

 出穂

 エピローグ 本来の稲作

 

 

 この方法だと雑草の発芽や生長が阻害され草がない状態になります。

一回目の代かきを早い時期に行い、湛水状態にし雑草の発芽を促し、2回目の除草で浮き上がらせてしまいます。

 

 田植時には米ぬかペレットなどの散布をします。

それが腐植して発生する有機酸によって発芽してくる雑草の芽は焼かれて枯れていきます。

 

 その後生えてくるヒエなどは深水とアミミドロなどによる光の遮断によって生育が阻害され抜けていくというシステムです。

 

  

 最近の除草剤は効き目が弱くなりました。

今年は周辺でヒエの発生に、抜き取り作業に苦労している農家が多かったように思います。

 有機栽培をしない方でも、この自然の力を利用した抑草対策は参考になると思います。

 

その他にイネの生長の仕組みや苗作りの大切さがわかる解説もあり、私にとっては目からうろこの知識が多々ありました。

 

このDVD一般のネット販売はされておらず、田舎の本屋さんのネット販売で入手できます。

 

 

 

この書籍版に相当する本はこちら。

 

style="padding: 0; margin: 0;">あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント

新品価格
¥1,836から
(2017/10/29 14:49時点)</

 

 

 

 

食糧危機について考える本

 「それでも世界一うまい米を作る」奥野修司 講談社

f:id:inekitiemon:20171022180106j:plain

 うまいと言ってもらえる米作りを目指して情報集めををしている頃、上記タイトルの本を買いました。

 

 内容は食味向上技術についても記述はあるのですが、それよりも日本の食糧危機や食の安全について主眼を置いた本でした。

 

日本に食糧危機が来ると思いますか?

 

この本が出版されたのは2009年3月で、もう8年も経ちます。

当時はそれなりに、おお!すごいこと書いてあるな・・、程度の感想でした。

現実には減反政策によって米を作りすぎないよう農家には生産調整が今も課せられているし全く現実味がありませんでした。

 

 でも、今はどうでしょう?

サンマが捕れなくて高値に・・。

ドイツでは品質の良い粉ミルクが買いあさられて品薄に・・・、といった報道が飛び込んでくるようになりました。

原因は中国です。

この本に書いてあったことが現実味を帯びてくるのを感じました。

 

 次のような記述があります。

まずは食の安全についてから。

中国現地でのリポートでは、こんなシーンが・・・。

 

 「農民が食べるにしても量が多すぎます。じゃ、この野菜類はどこへいくんですか?」 

 

 「たぶん別の省都か、加工食品に混ぜられるんでしょうね」

 

 「日本にも輸出するということ?」

 

 「たぶん」

 

 「でも重金属を含んでたら、輸入禁止になるんじゃないんですか」

 

 「えっ、ご存じないんですか。日本は残留農薬は検査しますが、重金属についてはめったに検査しないから大丈夫です」

 

  本の終わり近くにはこんな記述もあります。

 

 学校給食に大量の農薬が投げ込まれ、大勢の子供たちが死亡した事件も聞いたが、当局が介入したらしく、新聞には掲載されなかった。

 

 中略

 

こういう国から輸入している限り、いずれ日本にも「食の安全」を脅かす事件起こるだろう。取材であった日本人商社員は口々にそういったものだった。

 

「もしも中国が食糧不足になったら、確実に動乱が起こります。この国は常に飢えで動乱が起こってきたのです。だから、植える恐怖をよく知っている。そうなるとわかったら通貨の元を切り上げてでも、世界中から一気に穀物を買い漁りますよ。一気にです。徐々にではありませんよ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

食糧不足について、

 

 少なくとも農水省の役人には期待できない・・

 

中略

 

 取材したすべての農家もこう言い放った。

農水省の言うとおりにして、うまくいったことがない」

 

むしろカギを握っているのは消費者なのだと思う。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 ヨーロッパでは消費者が自国の農家を護っているといった話を聞いたことがあります。

 

 「それなら、俺たちで食の民間安保をやろうよ」

と宣言したグループがいて、それが福島県須賀川市で「ジェイラップ」と「稲田アグリサービス」というこの本の中に出てくる組織です。

 

 単に農作物を作ればいいのではない。生産者と消費者をいかにつなげるか、主観的な「安心」と客観的な「安全」をどうやって認証するか、食糧難がやってきても耐えられる農業をどうやって再生するか、そんなことを試行錯誤するグループです。

 

 それが本のタイトルでもある世界一うまい米作りをめざすグループで、その戦いぶりを描いています。

 

 ここでJAも登場してくるのですが、彼らを支援する立場であるはずなのにこれを潰しにかかる情けない経緯も報告されています。

 

 日本の米作りははじめから国際競争力低かったわけではなかったようです。

その理由についても解説があります。

 

 久しぶりに読み返してみてこの本はぜひ多くの人に読んで頂きたい本だと思いました。

 

 現在はもう中古品で手に入れるしかありません。

 

追記

この記事を書いた時が2017年10月でした。

その頃はもう古本しか市場にはなかったので、これで絶版になってしまうんだろうかと心配していました。

ところ、が改めてネットで検索してみるとしっかり増刷されていたではありませんか。

講談社様、ありがとうございます。