inekitiemonのブログ

農業に関する書籍、ビデオ、資材、機材をご紹介します。

草取りをしない無農薬有機稲作DVD

 イネ作りを無農薬で育てようとしたときに一番の壁になるのが、雑草を処理するかというのが課題となりますね。

 この悩みに答える方法を示したDVDが栃木県のNPO法人民間稲作研究所から出ています。

 

 

f:id:inekitiemon:20171029100221j:plain

 

除草剤を使わずに雑草を退治する方法を大別すると生えてきた草にダメージを与えたり抜き取ったりする除草と、最初から発芽や生長を阻害する抑草の2通りのやり方があると理解しています。

 

 ここで紹介されている方法は後者のやり方です。

前者の方法で最近流行ったのはチェーン除草だと思います。

 

私も10年近く前に挑戦したことがあります。

 単管を買ってきてチェーンを垂らしそれを田植え後何回か引っ張って歩くわけですが、材料の重さを吟味しておかなかったため大変な重労働になりました。

 

近くの知人が田植機の中古品にチェーンを取り付けて除草を実践しておられるかたもいます。

 

 

DVDの内容は次のような構成になっています。

 

 プロローグ V字型稲作から有機稲作へ

 施肥・耕転 一回目代かき(荒代)

 水田雑草の抑草対策

 二回目代かき(植代)

 播種

 育苗

 田植

 深水管理(常時湛水)

 いのち育む水田

 生育診断 栽培管理

 出穂

 エピローグ 本来の稲作

 

 

 この方法だと雑草の発芽や生長が阻害され草がない状態になります。

一回目の代かきを早い時期に行い、湛水状態にし雑草の発芽を促し、2回目の除草で浮き上がらせてしまいます。

 

 田植時には米ぬかペレットなどの散布をします。

それが腐植して発生する有機酸によって発芽してくる雑草の芽は焼かれて枯れていきます。

 

 その後生えてくるヒエなどは深水とアミミドロなどによる光の遮断によって生育が阻害され抜けていくというシステムです。

 

  

 最近の除草剤は効き目が弱くなりました。

今年は周辺でヒエの発生に、抜き取り作業に苦労している農家が多かったように思います。

 有機栽培をしない方でも、この自然の力を利用した抑草対策は参考になると思います。

 

その他にイネの生長の仕組みや苗作りの大切さがわかる解説もあり、私にとっては目からうろこの知識が多々ありました。

 

このDVD一般のネット販売はされておらず、田舎の本屋さんのネット販売で入手できます。

 

 

 

この書籍版に相当する本はこちら。

 

style="padding: 0; margin: 0;">あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント

新品価格
¥1,836から
(2017/10/29 14:49時点)</